前に紹介した普通のサイズのカレンダーの他に
サイケのキリッとした顔と黄色い表紙が目印のサイケ7巻
それは漫画家に限らず何か一つの道を進んでいる人なら

サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存していたことが明らかに

<中国の研究所が「カニクイザルとブタとのキメラを誕生させることができた」との研究論文を発表した......> サルの細胞を宿したブタが中国で誕生していた。中国科学院動物研究所傘下の幹細胞与生殖生物学国家重点研究室(SRLab)の研究チームは、、学術雑誌「プロテイン・アンド・セル」で、「カニクイザルの胚性幹細胞(ES細胞)を用いてカニクイザルとブタとのキメラを誕生させることができた」との研究論文を発表した。 体外受精させたブタの胚盤胞4359個にカニクイザルの胚性幹細胞を注入し、これを雌ブタに移植したところ、子ブタ10匹が生まれ、うち2匹が同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている「キメラ」であることが確認された。 2017年には、ヒトの細胞を持つブタが誕生 この研究は、異種間器官形成によってヒトの移植用臓器をブタやヒツジなどの大型動物の体内で培養させるという研究テーマのもとで行われたものだ。 2017年1月には「ヒトの細胞を持つブタを誕生させた」との米ソーク研究所の研究成果が明らかにされているが、この研究チームでは、倫理上の観点から、ヒトとよく似たカニクイザルを用いることにしたという。 研究チームは、ブタの体内でカニクイザルの細胞を追跡するため、緑色蛍光タンパク質(GFP)を生成するように遺伝子改変したカニクイザルの細胞を培養。この遺伝子改変細胞から胚性幹細胞を取り出し、受精から5日後のブタの胚盤胞に注入した。 キメラとして誕生したブタの心臓、肝臓、肺、膵臓、皮膚、子宮では、カニクイザルの細胞が確認されたが、キメラ率は0.001から0.0001と低かった。 大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらく...... 誕生した子ブタはすべて1週間以内に死亡した。研究論文の共同著者であるハイ・タン氏は、その原因について「キメラとの関連性は低く、ブタには難しいとされる体外受精が影響しているのではないか」との見方を科学技術専門メディア「ニューサイエンティスト」で語っている。 キメラ率が低く、出生率も低く、誕生した子ブタの生存期間もわずかであったものの、研究チームは、「異種間器官形成のさらなる進化に寄与し、大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらくものである」として、一連の研究成果の意義を強調している。 ===== Piglets with monkey DNA born in Chinese lab - TomoNews
あれ?今回のシリーズについてもっと色々語る予定だったのに

【ひざラクパッド付どんどん歩けるサポーター 2枚セット】 ※代引不可

離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解体か

<EU離脱の「脅威」から逃れようとスコットランドは独立へ、アイルランドは統一へ。イングランドの政治家も、もはや「連合王国」を維持する熱意がない> イギリスは12月12日、事実上、ブレグジットの是非をもう一度問う総選挙を行った。2016年6月に国民投票でブレグジット(EU離脱)を選択したのだが、こじれにこじれてここへ至った。結果は、離脱強硬派のボリス・ジョンソン首相率いる保守党が下院の過半数を制し、来年1月の離脱にお墨付きを得た。 だが、そんな変化は序の口だ。ブレグジットのおかげで、イギリスはひとまとまりの「連合王国」としての存在を終えることになるかもしれない。 <参考記事>パリ高級不動産が急騰 イギリスEU離脱が追い風に 勢いづくスコットランド独立派 EU離脱が現実味を帯びたことで、EU残留を望んできたスコットランドではイギリスからの独立派が勢いを増している。スコットランドの独立を目指す地域政党のスコットランド民族党(SNP)も、大幅に議席を伸ばしたようだ。SNPのニコラ・スタージョン自治政府首相は、選挙中は独立の主張を抑え気味にしてきたが、依然として2020年に独立を問う国民投票の実施を求めていることに変わりはない。 イギリス政府が住民投票の実施を許可しなければ、SNPはスペインのカタルーニャ方式を選択し、無許可の住民投票を実施することも辞さない構えだ。大混乱に陥っているカタルーニャの現状を考えれば、相当に憂慮される事態だ。 EUとの離脱協議で最大のハードルとして浮上した北アイルランド問題も未解決のままだ。イギリスがEUに加盟したことによって、その一部である北アイルランドは、隣国アイルランドと経済的文化的な絆を深めることができた。それによって初めて凄惨な北アイルランド紛争の傷を癒し、アイルランドとの和平を実現することができたのだ。イギリスがEUから離脱すれば、また北アイルランドとアイルランドの間に壁ができるのか。 北アイルランドの親英保守政党「民主統一党(DUP)」は、最近まで保守党と連立を組んできたが、今回は議席を減らすと予測されている。一方、北アイルランドのナショナリスト政党「シン・フェイン党」は議席を増やしそうだ。 <参考記事>イギリスが強硬離脱すれば、南北アイルランドは統合へ向かう ===== 北アイルランドの有権者にイギリス残留を望むか、アイルランドへの編入を望むかを尋ねた9月の世論調査では、両者の意見は拮抗していた。しかしそれは10月にジョンソンの離脱協定案が出される前だ。この協定案では、北アイルランドにはEUの関税ルールが適用されることになっているため、経済上はEUに残留し、アイルランドとも行き来できることになる。 トニー・ブレア労働党政権時代の政権顧問が主張するように、「逆説的だが、ジョンソンとブレグジットはアイルランド共和軍(IRA)の独立闘争よりもアイルランド統一に貢献するかもしれない」。 だがイギリス連合王国にはもっと強大な脅威がある。それはイングランド人、特にイングランド人の保守党支持者だ。彼らは英連合を維持することに対する熱意を失くしている。 保守党支持者の変質 今年10月に実施された世論調査で、イングランド人保守党支持者の53%が、例え北アイルランド和平プロセスが白紙になったとしてもブレグジットを支持すると回答した。また77%が、例えスコットランド独立を問う2度目の住民投票に繋がるとしても、ブレグジットを支持すると回答した。つまり保守党は正式名称が「保守統一党」なのに、彼らは、かつてのIRA(アイルランド共和軍)支持者でスコットランド独立派と手を組みそうなジェレミー・コービン労働党首よりも、イギリス「統一」への関心が薄い。 イギリス解体の実現は、まだ遠い先のことようにしか思えるかもしれない。現在の世界で国境線を引き直すのが極めて稀なのは事実だ。しかしイギリスの政治をみていると、単なる空想とはとても思えなくなる。 ©2019 The Slate Group ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます12月17日号(12月10日発売)は「進撃のYahoo!」特集。ニュース産業の破壊者か救世主か――。メディアから記事を集めて配信し、無料のニュース帝国をつくり上げた「巨人」Yahoo!の功罪を問う。[PLUS]米メディア業界で今起きていること。

「桜を見る会」問題、ホテル前夜祭「値引き」疑惑の深層




VOLCOM ブランドプロフィール
世界で初めてサーフィン・スケートボード・スノーボードをカバーする
アパレルブランドとして、1991年にアメリカ・南カリフォルニアにてスタート。
TRUE TO THIS (真剣に打ち込むこと)をブランドコンセプトに、
サーファー・スケーター・スノーボーダーの他、
ミュージシャンやアーティストといったクリエイターたちをサポートし、
メンズ・レディース・キッズのトータルコーディネートができる
アパレルをワールドワイドに展開。VSM Gritter Short【VOLCOM】ボルコムショートパンツ 半ズボン メンズA0911701-AFB*50

直送・代引不可 molten(モルテン) バインダー式作戦盤 SBFS 別商品の同時注文不可

そして第三回目の人気投票の結果発表ー!!!

NZ・ホワイト島噴火、軍捜索で6人の遺体収容 なお2人不明

ドイツが優勝したことで1-BのクールJK冴木風花に決定しました!

ニュージーランド北島沖のホワイト島で9日発生した火山噴火で、軍の爆弾処理班が13日、島に取り残されていた8人のうち6人の遺体を収容した。 専門家が新たな噴火の可能性が50─60%あると指摘するなか、軍の処理班は4時間にわたって捜索。重装備でなかなか作業が進まず、8人全員を収容することはできなかった。6人の遺体は本島に運ばれ身元確認が行われる。 アーダーン首相は、地元メディアに対し、困難を極める作業だが、なんとか全員を家族の元に返したいと述べた。 6人は現段階で不明者扱いになっており、公式な死者数は8人。ほかに20数人がニュージーランドとオーストラリアの病院で治療を受けている。大半が重度のやけどを負っているという。[ファカタニ/ウェリントン ロイター]Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます12月17日号(12月10日発売)は「進撃のYahoo!」特集。ニュース産業の破壊者か救世主か――。メディアから記事を集めて配信し、無料のニュース帝国をつくり上げた「巨人」Yahoo!の功罪を問う。[PLUS]米メディア業界で今起きていること。

直送・代引不可 molten(モルテン) バインダー式作戦盤 SBHM 別商品の同時注文不可

アメリカが対中関税発動延期で合意 中国は2020年に米農産物500億ドル購入へ

関係筋によると、米国は中国との通商協議で、発動済みの対中関税を停止あるいは引き下げ、今月15日に予定する1600億ドル相当の中国製品に対する追加関税の発動を延期することで合意した。一方、中国は2020年に500億ドルの米農産物を購入するという。 米農務省のデータによると、貿易戦争前の2017年に中国が購入した米農産物は240億ドルで、今回約束された規模はこの倍以上となる。 ホワイトハウスは正式な発表を行っておらず、こうした条件が双方の合意によるものなのかは疑問が残る。 複数の関係筋はこれより前、米通商交渉団が第1段階の通商合意実現に向け、既存の対中関税の最大50%引き下げのほか、15日に発動予定の対中追加関税の見送りを提案したと述べていた。 米中ビジネス評議会のクレイグ・アレン会長は「署名されれば、米中関係のさらなる悪化を食い止める勇気付けられる第1段階になる」と語った。その上で「これは始まりにすぎず、両国が直面する問題は複雑で多面的だ。すべてを早期に解決する可能性は低い」との見方を示した。 ある関係筋は、米中は原則合意したようだが、文書化された実行可能な内容なのかや、中国が合意しているのかは不明と指摘。「全文が公表されるまでは実行可能ではない。非常に不透明だ」と語った。 トランプ大統領はこの日、中国との通商合意に「極めて近い」と表明。「中国との大規模な合意に非常に近付いている」とし、「中国は合意を望んでおり、米国もだ」とツイッターに投稿していた。 トランプ大統領は10月11日、中国の劉鶴副首相との会談後の記者会見で、米中が「第1段階」の通商合意に達したと発表。中国による米農産品の大規模購入のほか、一部の知的財産権、為替、金融サービスの問題などについて合意したと明らかにした。 数週間で合意文書に署名するとしていたが、中国は特定の期間に一定量の農産物の購入にコミットすることに難色を示し、すでに導入済みの対中関税の引き下げを第1段階の合意の条件とすることを要求していた。[ワシントン 12日 ロイター]Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます12月17日号(12月10日発売)は「進撃のYahoo!」特集。ニュース産業の破壊者か救世主か――。メディアから記事を集めて配信し、無料のニュース帝国をつくり上げた「巨人」Yahoo!の功罪を問う。[PLUS]米メディア業界で今起きていること。

毎回カラーを描くときは何かテーマというか「こういう絵が描きたい!」ってところからスタートするんですが

ECB金利据え置き、新総裁ラガルドは独自スタイル強調

欧州中央銀行(ECB)は12日の定例理事会で政策金利を予想通り据え置くとともに、引き続き追加利下げの可能性に含みを残した。また長期にわたり低金利を維持し、月額200億ユーロのペースで安定的に資産買い入れを継続する方針を示した。 ラガルド新総裁は就任後初の記者会見の冒頭で、「私には独自のスタイルがある。拡大解釈や勘ぐり、相互参照はしない。ありのままの自分でいるつもりだ」と指摘。報道陣だけが「聴衆」ではないとし、ECBのメッセージを広範に届けるために専門用語ではない様々な用語を用いると述べた。 またドラギ前総裁が9月に発表した景気刺激策に不快感を示した複数のECB理事会メンバーとともにコンセンサスを模索することが目標であると強調。「はっきり申し上げておきたいが、私はハトでもタカでもない。私の夢は知恵の象徴であるフクロウになることだ」とした。 DNBのエコノミスト、シェルスティ・ハウグランド氏は「ラガルド氏が総意を目指す姿勢を明確に打ち出したことで、今後タカ派の影響力が強まることも予想される」と指摘した。 来年のユーロ圏の経済成長率見通しに関しては従来の1.2%から1.1%に引き下げたほか、来年のインフレ率は1.1%と目標の2%近傍を依然大きく下回る水準に設定した。 初めて公表した2022年の経済成長率見通しは1.4%、インフレ率見通しは1.6%に設定。22年第4・四半期に限ってはインフレ率は1.7%と見込んだ。ラガルド氏は「方向性としてはもちろん良いが、これが追求すべき目標かと問われれば、その答えはノーだ」と語った。 戦略見直しに関しては来年1月から開始し、年末までの完了を見込む。ラガルド総裁は見直しについて「あらかじめ決められた着地点はない」 とし「実際にはやや期限切れで、遅れていると考えている」と述べた。 また見直しは「包括的でなければならず、あらゆる問題を検討する必要がある。時間はかかるが、かかり過ぎるということはない」と指摘。「従来の専門家にとどまらず、欧州議会の議員や学術関係者、市民社会の代表などからも意見を聴取する予定で、われわれは単に政策を発信するだけではなく、聞く耳を持っていることも示したい」とし、気候変動や不平等に起因する「巨大な課題」にも取り組むと語った。[フランクフルト 12日 ロイター]Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます12月17日号(12月10日発売)は「進撃のYahoo!」特集。ニュース産業の破壊者か救世主か――。メディアから記事を集めて配信し、無料のニュース帝国をつくり上げた「巨人」Yahoo!の功罪を問う。[PLUS]米メディア業界で今起きていること。

アニメスタッフによる暫定最終回をお楽しみに!